乳が付くけど食べられる

名前に乳が付くけど乳成分は含まれない食品

子供に食物アレルギーが有り常に成分表示とにらめっこしながら、乳アレルギーでも食べられるものを探して購入しています。乳製品と卵って加工食品の殆どと言っていいくらいに含まれている食品が多いのに随分と驚きました。

 

その中で紛らわしいのが、名前に「」が付いたり牛乳を連想させるのに乳製品が含まれない食品が有ることです。食べられるのは嬉しいのですが、本当に大丈夫なのかしばらくは不安でした。

 

その中でもよく見かける食品を紹介するので買い物の際に参考にしてみてください。
私は専門家ではないので、主治医に確認してもらえると確実です。

 

乳酸カルシウム

トウモロコシなど植物から採取した糖に植物由来の乳酸菌を加えて発酵させた「乳酸」をカルシウムと反応させたもので乳成分は含まれません。
吸収率が高く水溶性のカルシウムで栄養剤や薬の成分としても使われます。食品の安定剤、豆腐加工食品、スナック菓子、スポーツドリンクなどの他、調味料としても使われます。

 

乳化剤

水と油のように本来混じりにくい異なる性質をもった物質を界面に働きかけて混ざりやすくするための食品添加物ですで、食品以外だと界面活性剤が有名です。
多くの食品に乳化剤が使われていますが、実際に使われている添加剤は様々で、表記としては乳化剤となるため注意が必要です。乳化剤に乳が使われることは無いようですが添加物は少ないに越したことはないです。

 

乳酸菌

乳酸菌そのものは問題ないのですが、身近な乳酸菌を含んだ食品としては、ヨーグルトやチーズなど牛乳を主原料としているので食べられません。しかし話題の植物性乳酸菌は乳製品を含まないものが多くあります。植物性乳酸菌は、ぬか漬け、お新香、みそ、醤油などの発酵食品に含まれ古くから日本人には馴染みの深いものですが、最近の食生活では食べる機会が減ってしまっています。ラブレなど植物性乳酸菌であっても乳飲料のものは乳製品が含まれるために飲めませんので注意が必要です。

 

>>乳アレルギーでも摂れる植物性乳酸菌

 

乳糖(ラクトース)

加工食品に甘味料として使用されていることが多く表示をよく見かけます。牛乳から作られますが乳糖にはアレルゲンは含まれません。しかし、製造工程で僅かにタンパク質が含まれるために稀に症状が出ることがあるそうなので、主治医に確認してください。