流通品 アレルギー対応

割安な流通品でアレルギー対応している食品

アレルギー対応食品=割高 というイメージ
出来るだけスーパーなど一般にある食料品店で流通している一般食品で調理したい

◎加工肉

ソーセージやハム、ベーコンなどの加工肉などは忙しい朝に重宝しますが
元来の製法なら大丈夫なものですが、昨今では大量生産やコストダウンのために様々な添加物が入れられます
そんな中でも一部に卵や乳を使わない食品もあります
シャウエッセン 燻香

ルゥ カレー&シチュー

ゴールデンカレー(SB食品)
とろける豆乳仕立てコーンシチュー(SB食品)

お菓子

乳幼児期のおやつは大切な食事の一部ともいわれますが
友だちと一緒にいただくスナック菓子などは楽しみのひとつです
わりと大丈夫なものが多い昔ながらの菓子にロングセラーのスナック類

 

甘くない菓子でいえば、サラダ煎餅醤油せんべいかっぱえびせんのレギュラー味
以前気を付けて、といわれたのが「ザラメ煎餅
ザラメを接着するのに卵白を使用する場合があるらしい
カールもカレー味や冬限定の塩味も大丈夫な時もあったが
成分が変更される場合もある様なので、購入時に毎回チェックは必要です

 

甘いお菓子は人気もの
パイ類はダメかと諦めていたが源氏パイは食べられた
アスパラガスビスケット(スティックタイプでゴマ入り)
キャラメルを食べてみたいと子どもにせがまれて困ったあげく
ハイチュー(レモン味など一部)

 

ラムネも子どもには刺激的な味からか人気ですね
脱脂粉乳やヨーグルトを味のアクセントに使うこともあります
それら乳を使用していなくても、卵殻カルシウムでカルシウム強化されている場合もあります
そんな時は、貝カルシウムを使っているラムネならOKです