遅延型食物アレルギー

食物アレルギーというと、アナフィラキシーショックを起こすようなイメージを持つ人が多いと思いますが、実は食物アレルギーには即時型と遅延型があります。

 

アレルゲンとなる物質を摂取してすぐに反応が出るものを即時型といいますが、摂取して数時間から数日後に反応が出るタイプが遅延型アレルギーです。

 

遅延型の特徴として「なんとなく体調が悪い」「精神的にすっきりしない」などのアレルギー症状と認識しづらい症状が多いのが特徴です。

 

よくあげられる症状としては、消化器症状やメンタル面の不調、鼻炎、湿疹など多岐にわたり、症状としては弱いけれど慢性的なものが多くなっています。

 

また、遅延型アレルギーは、摂取してから反応が出るまでの時間に幅がありアレルゲン物質に気づくことが難しいため、摂取し続けてしまうことがあり、慢性的な症状となってしまうことが多いのです。

 

なんとなく体調不良が続いているという場合に、遅延型アレルギーを調べてみると好物で毎日のように食べていたものが原因であることがあります。

 

遅延型アレルギーの原因となりやすい食物には乳製品、卵や野菜、果物類など様々なものがあります。

 

もしかして遅延型アレルギー?と思われる人は、食べたもののリストを作成してモニタリングしてみるのもいいかもしれません。

 

 

大人でも解りにくそうなので、子供の場合には親が注意深く日頃の様子を観察する必要がありそうですね。