小麦アレルギーの荒療治

入院し負荷をかける荒療治で克服

4歳になったばかりのころ、息子が突然小麦アレルギーになってしまいました。

 

私たちの家系で食物に関するアレルギーが出たのは記録がある中ではこれが初めてで、痒みに悶えている我が子を見てどうしてあげたらいいのか悩み続けました。

 

今では小学1年生となり、給食にパンが出されると喜んで食べているようです。

 

荒療治のおかげで小麦アレルギーを撃退することに成功したのです。

 

治療を提案してくださったのは近所に住んでいる夫婦で、彼らもまた私たちと同じ悩みを抱えていました。

 

娘さんが乳製品を口にすると全身に発疹が確認されるようになっていたようで、何とかしてあげたいと考えた結果荒療治を選択されたのだそうです。

 

具体的な治療法についてお話をする前に、一つだけ伝えておかなければならないことがあります。

 

荒療治とはいえ、私たち夫婦が素人判断で行うものではなく医師の監視下に置かれた状況でのものでした。

 

決して独自の荒療治は控えるようにしてください。

 

我が子をアレルギー治療のため入院させました。

 

治療は毎日適量の小麦由来の食品を口にし、わざとアレルギーの発作を起こさせるというものでした。

 

毎日我が子は苦しみましたが、その甲斐あって小麦アレルギーを撃退することができました。