お嬢さんが小麦アレルギーのママさん

娘が小麦アレルギーで料理に工夫しています

4歳になる娘が、食物アレルギーを持っていることが分かってから、我が家の食生活は大幅に変わりました。

 

娘のアレルゲンは、小麦です。幸い、それ程深刻な症状が出ることもない極々軽いアレルギー反応で、今のところは済んでいるのですが、その時の体調や季節によってアレルギーが強めに出てしまう時もあるので、軽いアレルギーでも要注意です。

 

小麦が使えないということは、パンや洋菓子類が食べられないだけではなくて、天ぷらやフライ、その他の食物も多くが食べられないものになってしまうので、最初は小麦を使わないで、どうやって料理をしたらいのか本当に悩みました。

 

でも、実家の母に相談したところ「昔ながら和食中心にすれば、小麦は殆ど使わなくて済むでしょう」と助言されてから、そう言われれば健康食とも言われる和食には、小麦を使わなくてもいいメニューが沢山あることに気が付きました。

 

それからは、娘の食物アレルギーのためだけではなく、メタボ気味の主人のためにも健康的な和食メニューを中心にして献立を考えるようにしています。母の助言のおかげで、娘にも安心して食べさせられるご飯が作れるようになりました。

 

また、お菓子類は市販のものには小麦粉が入っていたり、小麦を扱っている工場で生産されたりしたものが多いので、家庭で米粉を使ったケーキや和菓子を手作りしています。美味しそうな洋菓子が食べられない娘がかわいそうなので、私も一緒になって洋菓子は食べないようにしています。

 

かかりつけのお医者様によると、大人になればアレルギーも軽くなることが多いということなので、これからも様子をみながら娘の食生活を支えていきたいと思っています。